年長の息子にこどもチャレンジを始めた理由。下にきょうだいがいるから通信教育を選びました!

育児
スポンサーリンク

どうも~♪

 

明るい未来を夢見るミーハー主婦のリコピー(@yuttanmama2020)です(*´▽`*)

 

今回は、私の息子が毎月楽しみにしている【こどもチャレンジ】について詳しく記事にしていきたいと思います!

 

丁度来年から一年生になる節目の年でもあるので、私なりに良いところ・悪いところを素直に言いたいと思います!!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

しまじろうを始めるまでしてきたこと

息子は今年6歳になりました。我が家の第一子です。

 

とにかくママっ子で私から少しでも離れるとギャン泣きの赤ちゃんでした。

 

そんなちょっと頼りない息子に私は「とにかく環境を少しでも変えてみよう!!」と息子と二人きりで家にいる生活から脱出しようと決意し、手探りでその時思い立った幼児教室の事を調べました。

 

私の頭の中に幼児教育で思い浮かんだのはベビー公文でした。

 

運よく、自宅近くに公文の教室があったので早速体験の申し込みをし、説明を聞きに行きました。

 

しかしベビー公文は月に1度だけ教室に出向き先生とお話しをするのがメインだと言われたのです。

 

それ以外の時はママが赤ちゃんに絵本を読んであげたりと自宅学習がメインでした。

 

ずぼらな性格な私は、「多分、私が続かない・・・」と思いベビー公文は諦めかけたのです。
しかし、その時の教室の先生が公文には幼児教室もあるよと教えて下さりました。

 

幼児教室は幼稚園入園前の子供たちが手遊び歌やひらがなカードなどで勉強します。

 

その時息子は10ヵ月でしたが先生が「赤ちゃんでもしっかり楽しめますよ」と言ってくれたので通うことにしました。

 

通ってからは、歌が大好きな息子だったのでとても楽しそうにしていたし、ひらがなカードや絵本の時間も集中して話を聞けていました。

 

ですが途中で私が第二子を授かったことで教室に通うことが難しくなったのです。

 

臨月になり泣く泣く教室をお休みすることにしました。

 

そして出産して教室に戻ったのですがなんと子供の人数が減るからと幼児コースがなくなると宣言されてしまいました。

 

グループレッスンだったので5人以上はいないと成り立たないと言われたのです。

 

ここで息子の公文の教室通いが終了しました。

 

幼児期は身体をたくさん動かせたいと考えた

第二子を無事に出産して1年位が経った頃、そろそろ3歳になった息子にまた何か通わせたいと親心が動きました。

 

主人と「男の子だから体を動かすことをさせてみた方がいいんじゃないか?」と話しをして、次は体操教室に通ってみよう!とお試しレッスンに行きました。

 

すると息子はお試しレッスンだったのですが、すごく楽しそうにして終了して帰る時には「帰りたくない!!」と外で大泣きしました(笑)

 

その姿を見て体操を学ばせようと即決です。(-_-)

 

最初は跳び箱もうまく跳べませんでしたが練習したらすぐ跳べるようになりました。

 

半年後には7段まで跳べるようになっていました。

 

これには親の私もびっくりです。

 

だって私はすごく運動音痴(笑)

 

主人のDNAで良かったなと思った瞬間でした。(‘ω’)ノ

 

体操教室はなんだかんだで嫌がることもなく約2年近く通いました。

 

そこでなんとまたまた私の第三子を授かったのです。

 

息子はすごく楽しそうに通っていたのですが、その体操教室のスクールバスは小学生にならないと一人では乗せて貰えない規定でした。

 

スクールバスに乗れないと通うことができなかったので泣く泣く体操教室も辞めることにしました。

 

我が家は主人が県外に実家があり、私の実家も県内でしたが車で1時間くらいの離れた場所にあったので近くに頼る人がいないとこういう時に頼ることができず、大変だなと実感しました。

 

今まで通った教室はどれも私の妊娠で中途半端で通うのが困難になったのです。

 

幼稚園に入園してみるとこどもちゃれんじをしている子がたくさんいた!

幼稚園に入園した息子がある日突然「しまじろうをやりたい」と言ってきました。

 

話を聞くとお友達がみんなやっているみたいで届いた教材のおもちゃの話などをしていたみたいです。

 

息子がちょうどひらがなやカタカナに興味を持って少し読めるようになった頃でした。

 

私はなんとなくちょうど興味を持ち始めた今くらいが勉強の始め時ではないかと考え主人に相談してみたんです。

 

主人はしまじろうのことを知っていましたが私が詳しく説明すると、毎月の受講費の安さに驚いていました。

 

月々払いで1月当たり2336円でした。

 

公文も体操教室も約6500円位だったからです。

 

そしてOKが出たので【こどもチャレンジ】を始めることにしました。

 

始めてみて良かったこと

やはり文字を書いたりするのに興味を持った時期だったので届いたらワークを開くのがとても楽しみみたいです。

 

年齢に合わせてわかりやすく楽しく勉強できるように間違い探しや迷路のような遊び心のあるワークもたくさんあります。

 

日常生活に合わせたお片づけなどもゲーム感覚でできるような教材も一緒に届きました。

 

先日はおじぎそうを育てるセットも届いて一緒に毎日水やりをしました。

 

 

少しずつ大きくなるおじぎそうが本当にお辞儀をした時はやったーと喜んでいました。

 

文字が書けるようになってメッセージを書くボードが届いた時には、毎日のようにありがとうと書いて渡してくれました。

 

親の私としてはそこら辺がものすごく成長感じて嬉しかったです。

 

こどもチャレンジのデメリットは?

本当に素晴らしい教材なのですが、巷でよく聞く物が増えるというのはたしかに受講してからも感じるデメリットです。

 

しかし息子の場合は年長から始めたのでチャレンジぷちのような毎月子供用のおもちゃが送られてくるわけではないのでそこまでではないです。

 

そのかわりワークや親用の冊子がどんどん溜まっていって本棚はすぐいっぱいになると思います。

 

後は私の希望ですが毎月払いがあるのなら、いらない月は送られてこないようなシステムがあればもっといいなと思います。

 

※年長さんのコースで貰えるかきじゅんしらべるマスターは探せば同じようなものがあります。
学研 タブレット 学習機 勉強 遊びながら分かる 知育 学習 ギッズ 面白い おもちゃ 脳力開発 能力アップ 知恵 子供 興味深い 機能性 手軽に遊べる 楽しく学べる 発音 英語 数字 動物 絵 覚える 学習おもちゃ 人気
FakeFace

 

 

あと、解約したくなったらこちらからちゃんと連絡を入れないと何もしなかったら高校3年生まで毎月送られてくるので要注意です。

もしも、おもちゃが欲しいだけで受講しようと思っているなら一度ネットで同じようなおもちゃを検索してみるのもいいと思います。

案外似たようなおもちゃが売られていますよ。
ご参考までに・・・
created by Rinker
パイロットインキ(PILOT INK)
¥597 (2019/10/13 17:02:29時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ミキハウス
¥1,320 (2019/10/13 17:02:30時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

まとめ

今回長男のこれまでの習い事のことを記事にしましたが私の妊娠出産の度に辞めさせざるを得なかったことは親の都合で申し訳無かったと思っています。

 

これらの反省をもとに今はチャレンジで通信教育というスタイルを選択しました。

 

これは今の我が家には最適の教育環境だと思っています。

 

塾や体操教室のようなものを選べば子供が習っている間、親がそばで見学しなくてはいけなかったり送り迎えがあったりと大変です。

 

小さい子がいるとどうしてもその辺は助けてもらえる人がいないと難しい問題です。

 

通信教育なら時間に縛られることもありません。

 

赤ちゃんのお昼寝中に2人でじっくり教材で親子の時間が持てるし勉強することができます。

 

小さい子がいるご家庭はぜひ通信教育がお勧めですよ。

 

お子さんが興味を持ちだした時が最適の初めどき!!だと思います( *´艸`)

 

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
にほんブログ村

広告
育児
スポンサーリンク
シェアする
ミーハー主婦の夢見るfun!fun!ブログ

コメント